学資保険には入った方がいい重大な理由とは

haittahouga

子供の教育費を積み立てるためには、銀行を使ってコツコツと自力で貯めるというスタンダードな方法のほかに、学資保険を利用するという方法がありますよね。

でも、学資保険というのは、やっぱり「保険」ですから、加入するのかどうか迷う人がほとんどだと思います。

学資保険に入るかどうか迷った人は、自分は本当に学資保険に入ったほうがいいのかどうかを判断することによって、学資保険に加入するかどうかを決めるのが良いでしょう。

学資保険に加入するべきかどうかを判断するためには、学資保険のことを知っておくべきですよね。

学資保険は、払込保険料よりも受取額が多く、得するものもあります。

世の中は低金利の時代です。

銀行にお金をあずけたとしても、あまり利息が付きません。

学資保険は商品にもよるので、一概には言えないのですが、払込保険料より、受け取れる総額が大きくなるものがあります。

銀行と違って、利息分に税金はかかりませんし、お得にお金を貯めることができるんです。

学資保険がお得だということを最初に知っておいて欲しかったので、この話をしました。

ここからは、あなたが本当に学資保険を必要としているのかについて判断する基準についてのお話をしたいと思います!

学資保険を利用する目的を考えましょう。

何のために学資保険を利用したいのか、まず考えるんです。

それが「安定してお金を貯めて教育費にしたい」「もしもの時のために」というのであれば、入った方がいいです。

なんとなくであったり、もしもの時の為を考えなかったりするのであれば、まだもうちょっと考えてみましょう。

将来の学費は、もうすでに準備できていますか?

この質問にNOと答えた人は、学資保険に入っておいて損はありません。

YESと答えた人は、それを銀行で貯蓄して、絶対に手を出さないようにしていれば学資保険は必要ではありません。

学資保険に入るべきかどうかは、この二つの基準を考えるだけでわかってくると思います。

あなたが、まだ十分な教育費を準備できておらず、安定を望むのであれば学資保険に入った方がいいと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加