どれがいいかを見極めるポイント

doregai

学資保険に入ろうと考えている人にとって、一番頭を悩ませるのは「どの学資保険に入れば良いか」ですよね。

学資保険はどれがいいのかというのは、なかなか素人目にはわからないものです。

学資保険といっても、保険にはいろいろな商品がありますし、いろいろな会社があります。

どの会社のどの商品を選ぶのかによって、今後の生活や、教育費の積立額なども大きく変わってきますので、これについては深く考えなくてはいけませんよ。

では、迷っている人のために一つの基準を設定してみましょう。

「返戻率が高いもの」という基準です。

学資保険は、何のために利用する保険でしたか。

学資保険というのは、教育費を安定して貯蓄しておくための保険ですよね。

ということは、よりお得に効率的に貯蓄をできる商品を選ぶのが良いと思うのです。

利率が低ければ、効率が下がってしまいますし、お得感もありません。

利率が高ければ高いほど、効率はあがりますから、お得ですよね。

でも、利率の高さだけでは選べません。

利率の高さだけを見て、リスキーな外貨建てに挑戦したりしてしまうかもしれません。

そうしたら、元本割れになってしまうこともあります。

ですから、返戻率が高いだけではなくて、元本割れをしないようなものの方がいいです。

どういった学資保険が高返戻率で元本割れをしないものなのかと言いますと、比較的シンプルなものです。

保険というのは、あれやこれやのオプションをつけて高く売ったりするところが多いのですが、そういうオプションがたくさんついて魅力的に見えるものより、シンプルなものの方がいいんですよ。

オプションがついたものは、それだけ保険料も高いんです。

その割には返戻率が一緒だったりします。

きっと、そういったものをおすすめされると思いますが、何のために学資保険を利用するのかを忘れないでくださいね。

学資保険はどれがいいのかということですが、結論は、シンプルで返戻率が高く、元本割れしないものがいいということなんです。

安全で、安心なものを選びましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加