ベストなタイミングはいつなの?

ベストなタイミングはいつなの?

学資保険というのは、子供が成長するのに合わせて給付を受けるという保険です。 どんなことでも、世の中はタイミングが重要ですよね。 ...

記事を読む

「学資保険に加入して何か意味があるの?」と、常々疑問に感じている人は多いことでしょう。入る意味、価値などがわからないというのは仕方がないことです。保険は、未来に安心感を与えるための商品になりますので、少し特殊です。現在必要だから買い物を普通はします。自動車でも住宅でも、食料品でも基本的には「現在」欲しいと思っているから買うのです。 しかし、保険は違います。生命保険も医療保険も「現在」は健康だから(健康じゃないと入れない場合が多い)必要はないのです。必要ない買い物ほど意味がわからないと感じるものですから、保険に入る必要はあるのかと疑問に思ってしまうのは、全うな考えであるというのをまずは覚えておいてください。 そこを考慮に入れた上で、保険の必要性というものを認識していく必要があるのです。さて、生命保険の一種である学資保険はその将来に対する考え方としては、他とはちがい現実的な部分があります。というのも、生命保険などは自分の将来に関する安心感になります。 しかし学資保険は、自分が被保険者になるのではなく子供が対象となります。そして、子供というのは当然ながら親も経験している訳ですから、何となくイメージが付きやすいのです。子供の教育費がどれほどかかるのか、何となくでもイメージができるという点で、他の保険とは考え方などがガラリと変わるのです。 未来がイメージできれば、保険は意味があるのかわからないという部分も薄くなるのではないでしょうか?塾に通わせれば、予備校にもし行くとしたら?浪人したら?と考えると、具体的な教育費がイメージできるでしょう。医療保険のように、入院をしたら結局どれぐらいの医療費が発生するのか、などイメージが沸きにくいものに関しては、保険の必要性を感じ取れません。 学資保険はイメージができますから、そこを自分で考えてみると、学資保険に入るのが得なのかどうか、わからないということもなくなるのではないでしょうか?