郵便局の学資保険もしっかり検討すべき大きな理由

post

学資保険という言葉をきくと、保険会社をイメージすると思います。

そりゃあ、保険ですし、保険会社をイメージするのは当たり前のことですよね。

でも、学資保険というのは保険会社だけではないんです。

保険とあまり関わりがなさそうな郵便局でも、学資保険というものを販売しています。

実は、郵便局は、学資保険を国内で初めて発売したところなんですよ!

「へえ」って感じですよね。

郵便局の学資保険といっても、取り扱っているのはかんぽ生命です。

新学資保険という名前であったり、新育英学資という名前で売られています。

かんぽ生命の学資保険は、ほかの会社よりも手厚い保障があるということと、郵便局が母体になっていることもあり、安心感がありますよ。

民営化した今でも、郵便局の学資保険はとても人気があり、かんぽ生命の名前は、学資保険ランキングなどの常連でもあります。

郵便局が扱っているかんぽ生命の学資保険には、二種類あります。

先ほど述べた新学資保険と新育英学資の二種類です。

二つの商品で共通していることは、契約者が死亡した場合にそれ以降の保険料が免除されることと、保険金額を50万円から500万円という広い範囲で設定できること、特約で入院保障をプラスすることもできるということです。

また、満期保険金を受け取ることができる年齢を15歳と18歳、22歳の中から選ぶこともできます。

これからは、二つで違うところをみていきましょう。

新育英学資というのは、契約者(父)が死亡した場合などに、満期保険金の12パーセントの育英年金を年に一回、保険の満期まで受け取ることができるんです。

新学資保険には、この特徴はありません。

そこが違うだけで、あとは同じです。

かんぽ生命の学資保険を利用するにあたって、次のことには絶対気をつけなければいけません。

それは、返戻率が百パーセントを下回るということです。

利回りを重視するのであれば、郵便局(かんぽ生命)の学資保険は、やめておいたほうがいいです。

安心と信頼をとるか、利回りをとるか、そこをよく考えて郵便局の学資保険を検討しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加