ベストなタイミングはいつなの?

best

学資保険というのは、子供が成長するのに合わせて給付を受けるという保険です。

どんなことでも、世の中はタイミングが重要ですよね。

タイミングをしっかりと考えて、少しでもお得に学資保険を利用することができるようにしなくては損です。

そこで、学資保険はいつから入るのがベストなのでしょうか。

結論から述べますと、加入時期というのは、早ければ早い方が良いんですよ。

学資保険の保険料というのは、いろいろな条件によって左右されます。

そのうち、契約者と被保険者の年齢という条件があって、どちらも若い方が安くなるんです。

0歳の時から、18歳までの間にお金を300万円積立しておくのと、5歳の時から18歳までに積み立てるのであれば、後者の方が短い期間になってしまって、負担が大きいですよね。

だから、加入の時期は早ければ早いほど良いんです。

早ければ早いほど良いといっても、いつから入ることができるかわからなければ意味がありませんね。

どれくらい早くから学資保険に入ることが可能なのかという話をしましょう。

学資保険というのは、出産予定日の140日前から加入することができますよ。

出産前に加入しておくのなんて早すぎる、早計だと思われるかもしれません。

でも、出産前の安定期は、時間を作りやすいんです。

出産後になってしまうと、どうしても「あれもしなきゃこれもしなきゃ」となって、バタバタしてしまいます。

そうなると、学資保険の加入手続きをする暇がありませんよね。

また、契約をした時点で保障が始まります。

そのため、出産前に父親が死亡したりした場合、それ以降の保険料は免除されます。

もちろん、その前に立てていたプランそのとおりの保険金を受け取ることも可能です。

まあ、そのような最悪の事態というのは考えたくないですが、早めに加入しておいて損はないということで、メリットの一つとして紹介させていただきました。

学資保険の加入時期に関しては、早ければ早い方がベターで、出産前がベストですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加