学資保険の先払いはメリットが大きいの?

sakibarai

学資保険を今から受けようとしている方にとって、気になるのは保険料の支払いについてなのではないでしょうか。

保険料をいくら支払えばいいのかということは、保険の商品によって違いますから、何とも言えません。

もちろん、気になるところでしょうけども、もう商品を決めているという方にとっては、過ぎたことですよね。

商品を決めて、保険料をいくら支払えばいいのかについてはわかって、その後です。

支払い方法ですね。

支払い方法については、よくわからないことが多くてなかなかに不安だと思いますし、どの支払い方法を選べば良いか、非常に迷うことと思います。

学資保険の支払いについてなのですが、今まとまったお金が無いという方は、保険料を月々支払っていけば良いと思います。

まとまったお金がすでにあるという方は、先払いをおすすめしますよ!

もうすでにまとまったお金があって、そのお金を使ってしまっても今困ることがないというのであれば、先に全て支払ってしまいましょう。

先払いのメリットというのは、次のとおりです。

先払いをするということは、月々に払わなくて良いということです。

一旦支払ってしまえば、それからは支払いということを意識することなく保険を積み立てることができますし、いつでも給付金を受け取ることができますよね。

一旦払って、その時はちょっときついかもしれませんが、それ以降は安心することができます。

これが、一番のメリットなのではないでしょうか。

でも、先払いにもデメリットがあります。

それは、解約したり、契約者が亡くなった場合です。

解約をしたり契約者がおなくなりになった場合は、それ以降の保険料を支払わなくても良いという決まりがあったりするのですが、先払いだと、もうすでに支払ってしまっているので、その決まりには基づきません。

ということは、もしものことがあった場合に損をするということです。

もしものことなんて起こらないとタカをくくって先払いをするか、もしものために後からコツコツ払うか、メリットとデメリットを十分に考慮した上で決断すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加