月1万円からお得に加入ができます

ichiman

学資保険は高いのではないか?と考えてしまいますよね。

満期までの期間が比較的短いのと、まとまったお金が必要というダブルの特徴がありますので、どうしても保険料は高くなりがちになります。

しかしながら、少し工夫すれば月1万円程度を支払うだけで学資保険に入ることができます。

その方法とは一体どういったものなのでしょうか?

まず、学資保険は出産予定日の140日前から加入できる保険会社が多くなってきています。

その部分を上手に利用すると、月々の支払というものをかなり短縮できます。

そして、子供を出産してからでは何かと忙しくて、保険のことを考えるのが難しくなるかもしれません。

妊娠後期になると時間的余裕ができる場合が多いので、その時間を使ってある程度のことを考えておくというのは、とても大切でもあります。

学資保険は前々から考えて取り組みをしておけば、保険料を抑えられますので、時間的余裕がある時に相談するなり、プランを考えるなりしておけばダブルでメリットがあるということになります。

そして、保険料を大きく決定づけるのは何と言っても、満期時にどれだけの保険金を受け取るのかの総額です。

ここが100万円なのか、200万円なのかで、保険金は変わってきますから、しっかりと考えておきたいものです。

学資保険だけで貯蓄を全てカバーするというのは、ちょっと考え物で、できれば銀行と学資保険と二つを合わせて考えておくのがベストでしょう。

もし、保険を解約しなければならなくなったら、月々1万円を支払っているのに、元本割れをする危険性があります。

そうした危険性を考慮に入れるとするならば、月1万円で加入できるとしても、銀行での貯蓄を平行して行ったほうが良いです。

月1万円の保険料で賄えるぐらいの満期額に設定しておき、残りは銀行での貯蓄というのも素晴らしい考え方でしょう。

学資保険の加入は早ければそれだけ良いと言われていますので、しっかりと考えておきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加