学資保険の一時払いのメリットとデメリットを詳しく解説します

ichiji

お子さんを育てる上で、かかってくる費用というのは、大学を出るまでと考えたとしてもかなりの金額になりますよね。

そこで、学資保険に入ろうと考える親御さんが多いのですが、保険ですから、無償で給付が受けられるわけではありません。

学資保険にも、支払いというものがあります。

支払いの方法は、毎月払いという一般的な方法の他にも、いろいろあるんですよ。

一年分、または半年分、全期間分をまとめて支払うという方法があります。

まとめて保険料を支払うと、月払いよりも、支払う保険料のトータルが少なく済むんです。

まとめて払えばそれだけお得なんですね。

全期間分まとめて保険料を支払う時に、一時払いという払い方があります。

一時払いというのは、全期間の保険料を、保険会社が受け取ります。

保険料の支払いはここで終了するわけです。

一括払いと表現すればわかりやすいでしょうか。

まとめるとお得な全期間分まとめて保険料を支払う方法なのですが、この一時払いのほかにも、方法があるんです。

全期前納という方法が、一時払いとよく間違われますが、これら二つはちょっと違いますよ。

全期前納というのは、全期間の保険料を保険会社に一旦あずけて、毎年保険料を支払っていくスタイルなんです。

保険料の割引率で言えば、全期前納よりも一時払いの方が高いんです。

また、学資保険というのは生命保険料の控除を受けられますが、一時払いの場合と毎月払いの場合はちょっと違ってくるんですよ。

毎月払いの場合は、毎月払っているので、払っている月数だけ生命保険料の控除を受けることができます。

でも、一時払いだと、払うのはその時だけになります。

そうなると、生命保険料の控除は、一時払いをしたその年の文だけ受けられることになるんです。

そう考えると、得することも大いにありますが、デメリットもあるというわけですね。

学資保険を一時払いにするか、毎月払いにするか、全期前納にするかどうかは、メリットとデメリットを考えた上で決断しなくてはいけませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加