いくらから入れるの?

howmuch

子供を授かれば、誰でもその後の人生設計を考え直すものです。

特に子供を成長させていくには、それなりのまとまったお金が必要になるので、資金面という点では十分に検討をしていかなければなりません。

今の給料のままで、どの程度まで育てることができるのか、学校は私立に行かせるのか、公立で行かせるのかによっても、内容は変わってくるでしょう。

そんな中、保険としては少々特殊な部類にはいる「学資保険」が人気を呼んでいます。

この保険は貯蓄型というタイプがメインになっており、毎月の保険料が積立形式で増えていきます。

そして満期になると、積み立てたお金と利率がプラスされて保険金として支払われます。

つまり、元金よりも多くのお金を受け取れるという仕組みになっているのです。

銀行にお金を預けるというよりも、利率が高く定期的に安定してお金を貯めることができるというのが、かなり大きなメリットになっており、子供を持つ親からの支持は絶大なものになってきています。

しかし、気になるのはその価格ですよね。

保険料はいくらぐらいかかるのか、そこを知っておけばさらに選択の幅は広がるでしょう。

全国の学資保険に入っている家族の調査によれば、月に1万~1万5千円程度の保険料を支払っているケースが一番多いという結果になっています。

そして、満期額での払い戻し金を200万円ぐらいで設定しているのが一番多いです。

18年間で月1万円の積立をしていけば、216万円になるので妥当な数字ともいえそうです。

ただ、いくらという部分は、育てる方針によって大きく変わってくると考えられるので、普段から夫婦で話し合って将来設計を考えていくというのが大切になってくるでしょう。

学資保険は、子供の将来を考えた小さな積み重ねの貯金のようなものです。

子供にお金の面で困らせないように、しっかりと準備をしておきましょう。

そうすれば、毎日の生活が不安になるという心配もなくなりますし、万が一の場合も安心ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加