学資保険に5000円で加入することの妥当性について

5000

学資保険に入ろうか悩んでいるという人が、一番気にするのは保険料ですよね。

その保険料を出来るだけ安くして、できるだけ多く積み立てようと考えてしまいます。

お金に余裕があれば保険を使わずとも、貯蓄をして子供の教育費を払うことができますから、学資保険に入るということは、そんなにお金に余裕があるわけではないということです。

最近は平均年収もだんだんと減ってきたので、学資保険に入ろうとしている人の数が増えました。

そこで、五千円くらいで学資保険に加入できないだろうかと考える人も多くなったのです。

五千円で加入ということなのですが、具体的に言うと月々五千円の支払いで学資保険に入るということです。

月々五千円程度で学資保険を受けられるのかどうなのかというと、受けられるところもあります。

ですが、五千円で受けられる保険は、そこまで積み立てることができなかったりします。

五千円を十八年間積み立てるとすると、百八万円ですよね。

返戻率が高い学資保険で貯蓄をするとなると、百二十万円くらいになる感じでしょう。

十年間で、たったの十二万円しかたまりません。

ですが、自分たちで一ヶ月に五百円か千円ほど余分に積立をすると補うことはできます。

五千円では、十八歳になるまでに必要な教育費にはちょっと足りないかなという感じですね。

大学を受験することを考えると、それだけで数十万かかりますから、どうしても足りません。

月々五千円で学資保険を受けることはできますが、返戻率などをよく考えて、自分たちはどのくらいの費用を積み立てたいと思っているのかということもよく考えて、加入するようにしましょう。

現実的なのは、月々一万円くらい支払って学資保険を利用することです。

そうなると、二百万円は超えますので、おそらく十分な積立になるのではないでしょうか。

少なくとも、高校まで公立に行った場合は、十分です。

そういったことをよく考えて、五千円かそれ以上かを検討なさると良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加