生まれる前から加入する大きなメリット

umareru

学資保険というのは、五歳からだったり、早い人でも0歳から加入する人が多いのですが、実は妊娠中から学資保険に入ることができるのです。

できないものもありますが、子供が生まれる前から学資保険に入ることができるものが多いですよ。

「学資保険なんて、生まれてからでも遅くはない」と思っていたり、逆に「子供が生まれたらすぐに学資保険に入らなきゃ!」と焦っている方が多いでしょう。

前者の方は、もうちょっと急いでください。

後者の方は、落ち着いてください。

学資保険に入るときというのは、いろいろなことを検討しなければいけません。

検討するために、さまざまな保険会社から資料を取り寄せて、プランナーからお話を聞いて……やることが本当に多いです。

出産後しばらくは、妊婦さんが想像しているよりもずっとずっと忙しいんですよ。

夜中でも数時間おきに起きて赤ちゃんのお世話をしなくてはいけませんし、睡眠不足が続きます。

外出すらも思うようにできません。

そんな状態で資料請求したりプランナーから話をきいたり、どの保険がいいか頭を悩ませたりしていると、とてもではありませんが、潰れてしまいます。

出産前に学資保険の検討や加入手続きを済ませてしまえば、出産後は安心して赤ちゃんの面倒をみることができますよね!

考えたくもありませんが、お腹に子供がいるときに契約者である父親が亡くなるなんていうこともありえないわけではありません。

そんな時、学資保険に入っていれば、保険料を支払わなくても一時金や満期金を予定金額受け取ることができる保証もつきます。

子供が路頭に迷うことはなくなるわけです。

生まれる前に学資保険に加入しておくのには、これらのメリットがあります。

出産前の安定期に全て終わらせてしまえば、生まれる前から入っておくことに負担はありません。

ですから、学資保険に入る予定で、お母さんがまだ妊娠中だというのであれば、お子さんが生まれる前から学資保険に入っておくことをおすすめしますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加