学資保険に入るタイミングで悩んでいる方へ

hairutiming

保険の中で生命保険の一種として最近人気になっているのが、学資保険です。

少子化になり、子供をより大切に育てようとする家庭が増えている中において、お金の面だけでも安定させようと、幼少の頃から入る保険の代名詞ともなっています。

子供を大学まで進学させると、かなりのお金が必要になります。

それを少しずつ積立をしていき、来るべき時のために用意をしておくわけです。

ただ、学資保険はどのタイミングで入るのが妥当なのでしょうか?

この部分で悩んでいる人は多いものです。

実は、タイミングというのは「早ければ早いほどよい」と言われているのです。

0歳から18歳までに300万円のプランで学資保険に入るのと、5歳から18歳で入るのとでは、月々の負担は変わってきますよね。

もし、早めに入っておくことができたならば、計画的に少しずつお金を貯めていくことができるようになります。

銀行に預ける貯蓄でも計画的に行えればよいのですが、出費が重なったときなどに安易に手を出してしまいがちになります。

そのため銀行での貯蓄では中々計画通りに貯められない場合が多いのです。

そこで学資保険の貯蓄型を利用してみようと考える人が増えてきています。

学資保険であれば、家賃のように毎月決まった金額を支払っていきます。

そのため、毎月の決まった出費として考えておくようにすれば、安易に引き出す気持ちも抑えられますので、意外と効率よく貯めていくことができるのです。

そして銀行の利率よりもプランによっては高くなる「返戻率」も付いてきますから、お得に貯められるということになります。

学資保険に入るタイミングは人それぞれですが、できるだけ早めに準備をしておくと、後々の自分達が楽になりますよ。

最近は出産予定日の140日前から申請して加入できる保険会社も増えてきています。

自分に合うプランを探してみる必要がありそうです。

そうすることにより、早め早めの行動が取れるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加