何歳から入るべきかを考える

nansaikara

学資保険の加入を検討していらっしゃる方で、何歳から学資保険に入ることができるのかがわからなくて困っているという方は多いでしょう。

実際、そういう声は結構聞きます。

「何歳から入れるんでしょうねえ」なんていう声を漏らしている主婦の会話を聞いたこともあります。

学資保険というのは、加入できる時期が、商品によってきっかりと決まっています。

その理由というのは、できるだけ早く加入した方が積立の効果を得ることができるからなんですね。

保険会社は、お客さんのことを考えて、何歳から何歳までというのを決めています。

何歳から入ることができるかどうかというのは、保険会社や商品によってまちまちですが、一番多いのは0歳から5歳でしょうか。

生まれてから5歳になるまでということですね。

でも、0歳の時に手続きをするのは大変ですし、5歳になるまでは子育ても安定しません。

多くの人が5歳から加入しようとしているようです。

最近では、生まれる前から加入できる学資保険も増えました。

何歳から入るといいのかについては、親御さんの都合次第です。

でも、5歳から入るとなると、それだけ月々に支払う額の負担は大きくなります。

同じ金額を積み立てるとして、0歳から積み立てておくのと、5歳から積み立てるのとでは、月々に払うお金が5歳からの方が圧倒的に高くなりますよね。

何歳から加入するのかについて考える時には、月々の負担額のことを考えましょう。

子供が生まれてすぐはお金がないけど、5歳になってからの方がお金があるというのであれば、5歳から入るのでもいいように思いますが、そうでなければ早い方がいいです。

返戻率が十割を超えるような学資保険の場合、なおさら早い方がいいですね。

何歳から学資保険に入れるかというのは、本当に保険会社や商品によって違います。

平均は0歳から5歳まで。

でも、最近では生まれる前から入ることができる会社や商品もあるということでした。

何歳から入った方がいいのかは、夫婦間で相談してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加