適切な時期についてしっかり考えよう

jiki

学資保険の加入を考えるときには、いろいろなことを一度に考えなくてはいけませんよね。

だから、何をどう考えればいいか、何から考えていけばいいかがよくわからなくなってしまうことがよくあります。

そういう事態を防ぐためには、学資保険を考えるためのキーワードを決めましょう。

今回はこちらで決めさせていただきます。

キーワードは「時期」です。

学資保険の加入を考える時には、時期という言葉について敏感にならなくてはいけません。

一口で「時期」と言っても、いろいろな「時期」があります。

学資保険に加入する時期、一時金を受け取る時期……そういったいろいろな時期について、学資保険に加入する前から考えておかなければいけませんよ。

まず、学資保険に加入する時期なのですが、早ければ早いほどいいです。

五歳になってからでも、別に遅いということはないのですが、早い方がいいですね。

かといって、生まれてからすぐというのは忙しすぎて、十分に学資保険を検討する時間はありませんし、体力もありません。

あなたがまだ妊娠中だというのであれば、妊娠期間中に学資保険に加入しましょう。

もうすでにお子さんが生まれているというのであれば、今から検討し始めましょう。

学資保険の一時金の受け取りの時期は、いつにどれくらいのお金が必要なのかを考えましょう。

だいたい教育費でお金がかかるのは、公立小学校、公立中学校に行った場合、中学校入学時や高等学校入学時は、少し必要かもしれませんけどね。

高校は大学受験のためのお金くらいでしょう。

大学に入るときが、一番必要なのではないでしょうか。

こういったことを考えるのです。

また、選ぶときには満期時期で選ぶというのもアリですよね。

満期時期は、ほとんどの保険会社が十八歳と設定していますが、入学時に間に合わないこともあってか、十七歳と設定している商品もあったりします。

中には、二十歳や二十二歳という長めのものもあるので、どの満期時期が一番いいのかを自分たちの都合と照らし合わせて考えましょう。

時期について考えることは、学資保険には本当に大切なことです。

じっくり考えましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加