中学入学をまかなうのための商品選びのコツ

chugaku

学資保険というのは、満期が十八歳であることがほとんどです。

大学の入学時に一番お金がかかるから、満期金を十八歳で受け取れるようにしようという保険会社の配慮によって、こういった期間設定がされていると思われます。

でも、大学以外にもお金はかかります。

小学校入学中学校入学高校入学……入学するたびにそれなりお金がかかりますよね。

小学校はまだそこまでではありませんが、中学となると制服代や授業のお金など、学校予算を少しは払わなくてはいけなかったりします。

高校や大学に比べて中学校で払うお金というのは少ないですが、それでもかかることには違いありませんよね。

学資保険のタイプによるのですが、小中高の入学時に合わせてお祝い金と呼ばれる一時金を受け取れるものが多いです。

中学を公立中学にした場合にかかるお金は少ないですが、中学を受験して私立に行った場合を考えると、かなりのお金がかかりますよね。

そうなると、中学のために学資保険に入りたくなります。

でも、お祝い金というのは中学受験をするとなると少し足りないかなという金額がほとんどです。

中学受験をするのに十分な金額受け取れるが学資保険を選びましょう。

つまりは、中学入学のときに多めにお祝い金をもらうことができるタイプですね。

こういった学資保険というのは、少なくはありません。

むしろ、たくさんあります。

一例としては、太陽生命の「わくわくポッケ」という学資保険が挙げられますよ。

払込が十五年、十八年か二十二年の満期のどちらかを選ぶことができるものです。

例えば、二十二年の場合を考えてみましょうか。

四歳、六歳時にそれぞれ八万円、十二歳と十五歳で四十万円、十八歳で八十万円、満期の二十二歳に八十万円を受け取ることができますよ。

こういったものを選ぶことによって、中学校受験や、中学校入学の際にかかるお金を十分にカバーできます!

中学校でお金が特にかかってしまうという方は、こういった学資保険を選ぶといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加