学資保険の受け取りのタイミングの重要性を知っておこう

受け取り

学資保険というのは、計画を立てて教育費を積み立てていく一つの方法ですよね。

かなり有効な方法で、計画的な方法です。

将来、大学の入学時などに大きな教育費が必要になってきます。

その時、満期保険や一時金を受け取りたいですよね。

学資保険の受け取りというのは、タイミングがとても重要です。

学資保険というのは通常、学費をつくるために加入する保険ですよね。

だから、本当にお金が必要になってくる時期に、保険金を受け取ることができるというのが重要になってきます。

満期保険金の受け取り以外にも、お祝い金などの一時金を受け取ることができる学資保険もあるんです。

その一時金というのは、中学校や高校に入学したときに五十万円もらえるというようなものです。

一時金の受け取り時期であれば、例えばですが、「子供が14歳10ヶ月になって、その後に迎える最初の2月1日以降」という規定を設けている保険会社がほとんどですよ。

満期保険金の受け取りは、大学入学時に200万円などという受け取り方です。

これも、例えばの話になるのですが、子供が満十八歳になって、そのあとに迎える最初の契約応答日」という規定を設けている保険会社がほとんどですよ。

お祝い金などの一時金というのは、誕生日や契約日にかかわらず、それぞれの学校の入学時期の前に受け取ることができるのです。

でも、一方満保険金の受け取り日というのは、子供の誕生日や、契約日に大きく左右されてくるので、気をつけましょう。

学資保険の受け取りというのは、頭を悩ませることのうちの一つですよね。

でも、これはしっかりと考えなければいけないことです。

しっかりと、学資保険をいつ受け取るかについて考えなければ、お金が一番必要なときにお金を受け取ることができなかったりします。

自分が加入している学資保険が、どのタイミングで受け取りをすることができるのかを知っておくことが、大切なんですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加