学資保険の見直しで知らないと損するポイント

minaoshi

学資保険に加入してみたけど、やっぱり見直してみようかなあと思うことは結構あると思います。

思うだけならいいのですが、実際に見直してみようとした場合、どういったことに気をつければいいのでしょうか。

せっかく見直しをするのですから、きっちりとどこを見直すべきかというポイントを抑えてやらないと、意味がありません。

学資保険を見直す際、どこに気をつければいいか、一緒にみていきましょう!

まずは、満期学資金の返戻率をチェックしましょう。

学資保険に加入する際は、子供の教育費用を、利回りの高いところで積み立てておくことを意識してください。
見直すときも、もちろんです。

学資保険でいう利回りというのは、返戻率という名前をチェックすればわかります。

これが百パーセント以上だと、積み立てたお金だけでまったく増えないか、積み立てたお金が増えるかということになります。

百パーセントを超えているようなものを選んでいるか確認しましょう。

下回っているときは、不必要なオプションがついていることがあるので、要確認ですよ!

満期金を受け取ることができる時期も確認しておきましょう。

学資保険の満期保険金をいつ受け取ることができるのかは、非常に重要です。

一番お金のかかる時期に満期金を受け取ることができるかどうかをチェックしましょう。

自分たちにとって、子供の教育費用でどの時期が一番おかねがかかるかを確認しておかなければ、実は今加入している保険が、最適な時期に満期金を受け取れないということもあって、困ったことになりますよ。

一般的には、大学入学が一番お金がかかるでしょうから、十八歳で満期金を受け取れるかどうかを見ておきましょうね。

見直すといいポイントは、この程度です。

もしもあなたが、学資保険を乗り換えたいと思ったら、なるべく早い時期にしましょう。

見直した結果、乗り換えるかどうかは、夫婦で相談をして、検討をしてなるべく早くがポイントですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加