学資保険の一時払いのメリットとデメリットを詳しく解説します

学資保険の一時払いのメリットとデメリットを詳しく解説します

お子さんを育てる上で、かかってくる費用というのは、大学を出るまでと考えたとしてもかなりの金額になりますよね。 そこで、学資保険に入ろう...

記事を読む

郵便局の学資保険もしっかり検討すべき大きな理由

郵便局の学資保険もしっかり検討すべき大きな理由

学資保険という言葉をきくと、保険会社をイメージすると思います。 そりゃあ、保険ですし、保険会社をイメージするのは当たり前のことですよね...

記事を読む

学資保険の見直しで知らないと損するポイント

学資保険の見直しで知らないと損するポイント

学資保険に加入してみたけど、やっぱり見直してみようかなあと思うことは結構あると思います。 思うだけならいいのですが、実際に見直してみよ...

記事を読む

学資保険には入った方がいい重大な理由とは

学資保険には入った方がいい重大な理由とは

子供の教育費を積み立てるためには、銀行を使ってコツコツと自力で貯めるというスタンダードな方法のほかに、学資保険を利用するという方法があります...

記事を読む

学資保険に入るタイミングで悩んでいる方へ

学資保険に入るタイミングで悩んでいる方へ

保険の中で生命保険の一種として最近人気になっているのが、学資保険です。 少子化になり、子供をより大切に育てようとする家庭が増えている中...

記事を読む

学資保険に5000円で加入することの妥当性について

学資保険に5000円で加入することの妥当性について

学資保険に入ろうか悩んでいるという人が、一番気にするのは保険料ですよね。 その保険料を出来るだけ安くして、できるだけ多く積み立てようと...

記事を読む

共済の学資保険の気になる中身とは

共済の学資保険の気になる中身とは

学資保険についてインターネットを閲覧する際、JA共済のページを見る人は多いと思います。 JA共済といえば、かなり有名な保険会社ですよね...

記事を読む

学資保険を乗り換えるときは慎重にすべき理由

学資保険を乗り換えるときは慎重にすべき理由

学資保険を乗り換えたいという人がいらっしゃるでしょう。 何らかの理由でその保険が不利だなとあとから感じたとか、やっぱり毎月払う保険料が...

記事を読む

学資保険のインターネット通販を賢く選ぶ方法とは

学資保険のインターネット通販を賢く選ぶ方法とは

最近は、なんでもインターネットの通販で済ませることができるようになってきました。 通販サイトを使えば、買えないものは薬だけだと言われて...

記事を読む

中学入学をまかなうのための商品選びのコツ

中学入学をまかなうのための商品選びのコツ

学資保険というのは、満期が十八歳であることがほとんどです。 大学の入学時に一番お金がかかるから、満期金を十八歳で受け取れるようにしよう...

記事を読む

「学資保険に加入して何か意味があるの?」と、常々疑問に感じている人は多いことでしょう。入る意味、価値などがわからないというのは仕方がないことです。保険は、未来に安心感を与えるための商品になりますので、少し特殊です。現在必要だから買い物を普通はします。自動車でも住宅でも、食料品でも基本的には「現在」欲しいと思っているから買うのです。 しかし、保険は違います。生命保険も医療保険も「現在」は健康だから(健康じゃないと入れない場合が多い)必要はないのです。必要ない買い物ほど意味がわからないと感じるものですから、保険に入る必要はあるのかと疑問に思ってしまうのは、全うな考えであるというのをまずは覚えておいてください。 そこを考慮に入れた上で、保険の必要性というものを認識していく必要があるのです。さて、生命保険の一種である学資保険はその将来に対する考え方としては、他とはちがい現実的な部分があります。というのも、生命保険などは自分の将来に関する安心感になります。 しかし学資保険は、自分が被保険者になるのではなく子供が対象となります。そして、子供というのは当然ながら親も経験している訳ですから、何となくイメージが付きやすいのです。子供の教育費がどれほどかかるのか、何となくでもイメージができるという点で、他の保険とは考え方などがガラリと変わるのです。 未来がイメージできれば、保険は意味があるのかわからないという部分も薄くなるのではないでしょうか?塾に通わせれば、予備校にもし行くとしたら?浪人したら?と考えると、具体的な教育費がイメージできるでしょう。医療保険のように、入院をしたら結局どれぐらいの医療費が発生するのか、などイメージが沸きにくいものに関しては、保険の必要性を感じ取れません。 学資保険はイメージができますから、そこを自分で考えてみると、学資保険に入るのが得なのかどうか、わからないということもなくなるのではないでしょうか?